サイト制作時は、2つの目的を明確にする。

実制作を行う場合、得てして起こりうるのが 「何のために作っているのか?」 がわからなくなってしまうこと。 これはサイトに来て欲しいお客様と目的を見失っている時に起こりがちです。

お客様の目的は「問題解決のための情報」を手に入れること。

お客様がサイトに求めているものは状況によって変わりますが、基本は一つです。 それは原則として「何らかの問題解決のための情報」を求めているという事です。 企業向けサイトであれ、個人向けサイトであれ、あなたのサイトに訪れてくれた方は、現在自分が抱えている何らかの問題を解決するために、訪れたのです。 でもその人たちは、あなたたちの事や業種そのものをよく知らない場合がほとんどです。 今使っている言葉、それは本当にあなたの事を知らない相手に伝わる言葉でしょうか? 専門用語や業界用語を使っている場合、実は相手に大切な事が何も伝わっていない、なんて事もよくあるのです。 そうですね、サイト内に文書を書く場合には、相手を「尊敬する方の中学生の子供」くらいに考えても良いかもしれません。

自身の目的を果たすこともサイトでは重要です。

さて、いくらお客様の目的を達成させてもそれだけではサイトが成功したとは言えません。何故なら、サイトを制作したあなた自身の目的も叶えなければならないからです。 あなたが作ったサイトの内容は、その目的を果たすためのものだった筈です。 何らかの商品を売りたいのか、お店に足を運んで欲しいのか、電話やメールをしてほしいのか、サイトのゴールは人によって異なります。 この目的を達成するために、お客様の目に留まりやすい場所にサイトのゴールを用意しておきましょう。 こうしてお客様と自身の目的それぞれを意識した構成を心掛けると、両者が満足できるサイトを作る事ができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アーカイブ

カレンダー

2019年10月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

コメントなし

RSS